上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPod nanoが突然壊れました。

前日まで普通に使っていたのですが、一晩充電して、翌日いざ使おうと思ったら、泣き顔アイコンが表示されておりました。

Appleのサポートページに記載されている方法↓で復旧を試みましたがダメでした。

iPod に Sad iPod (「泣き顔」の iPod) アイコンが表示される

このiPodはセカンドジェネレーションと呼ばれるモデルらしく、5~6年前に英語の勉強に使うため購入しました。

今回、図らずも、またまた外資系企業で働くことになってしまったので、改めて英語の勉強をしようと、最近頻繁に使い始めた矢先の出来事でした。

しかも、来週には海外出張が控えており、長い旅路、或いは出張先での暇つぶしには必需品と考えておりました。

そこで、慌てて新しいiPod nanoを購入。現行モデルは第6世代というらしい。

驚いたのはその大きさ、というか小ささ。セカンドジェネレーションの約1/3。

iPod nano 2nd Gen vs 6th Gen

本体にクリップが付いており、シャツにそのまま挟めるという気の利いたデザイン。さすがAppleです。

また、操作用のホイールが無くなっており、基本的な操作は全て画面に直接触れて行うのですが、これにはちょっと戸惑いました。

ホイールがあった時は何となく感覚的に使えていたのですが、何せボタンも何もないので、何をどうしたら良いのか全くわからない。

英語の学習に使うという目的がありますから、ちょっとだけ巻き戻して同じところ聞き直したいなんてときに、「どうしたら良いの?」と困ってしまいました。

仕方がないので、マニュアルをダウンロード。ざっと目を通しただけですが、なるほど、分かってしまえばどうってことはない。

慣れれば使いやすそうです。
今日は劇場版 仮面ライダー オーズの公開初日。

早速、長男と見に行ってきました。

仮面ライダー"電王"あたりから、テレビのストーリーと映画のストーリーが微妙にリンクするパターンが続いていましたが、今回は完全に独立したお話しでした。

でも、テレビと映画のストーリーが無理なくリンクしていたのは"電王"だけでしたね。"ディケイド"はテレビの最終回でオチを映画に丸投げしたはずのくせに、全くテレビと繋がっていなかったですからね。最悪でした。昨年の"W"も悪くはなかったです。

"オーズ”の映画は特に可もなく不可もなくといったところでしょうか。テレビが面白いだけにちょっと期待はずれだったかな。

まあ、それはさておき・・・

とうとう、新しい仮面ライダーが登場しました。その名も仮面ライダー"フォーゼ"

以前、Webでシルエットを見たことがありましたが、今日見たものとは全然違いましたね。ただ、名前は合っていました。

で、第一印象ですが・・・はっきり言って「カッコ悪い」です。"電王"や"ディケイド"も初めて見たときは驚きましたが、それ以上のインパクトがありました。

こういうものはすぐに見慣れてしまうものですが、しかし、決して格好いいと思うことはないでしょう。事実、"電王"も"ディケイド"も最後まで格好良いとは思えませんでしたから。

まあ、面白ければ良いんですけどね。仮面ライダーを見始めたのは"響鬼"からですが、やはり当たり外れがあります。

完全に私の主観ですが、"響鬼"以降の仮面ライダーを5段階で評価しました。

響鬼:5
カブト:2
電王:5
キバ:3
ディケイド:1
W(ダブル):4
オーズ:5

"W""オーズ"とヒットが続いたので、"フォーゼ"はやばい気もします。それにあのデザインですからね。もちろん、面白いことを期待しています。
兵庫県で二足歩行で羽毛の生えた小型恐竜の化石が見つかったそうです。

同類の骨格化石は福井県で発見されたものに次いで国内2例目。つまりとても珍しいことみたいです。

二足歩行の羽毛恐竜の化石発見 兵庫の地層「篠山層群」

以前は恐竜=巨大な爬虫類みたいなイメージでしたが、実は鳥のように羽毛で覆われていたとか、私が子供の頃とは随分と違う姿で描かれることが多くなりました。

実際、今回発見された恐竜も"前脚を伸ばすと長さ約25センチになるとみられ、体長約1メートルと推定"されるらしいです。確かに鳥にしては大きい気もしますが、恐竜と呼ぶのも何だか変な気がします。

そこで、「最小の恐竜ってどのくらいのサイズなのか?」と思って、検索してみると、北米で発見された"フリタデンス・ハーガロルム"という恐竜が体長が"尾の先まで含めてわずか70センチ、体重は1キロにも満たない"らしい。

北米で最小の恐竜、極小チワワ並み

サイズは極小ながらも、この"フリタデンス・ハーガロルム"の復元模型は、従来の恐竜=爬虫類のイメージに合致します。

そこで、今度は「そもそも恐竜の定義って何なの?」と思い、さらに調べてみました。

ところで、恐竜ってそもそも何?

定義の仕方にもいろいろな方法があるのでしょうね。現在、恐竜の一般的な定義としては、

・直立歩行をする爬虫類
もしくは、
・トリケラトプスと現生鳥類のもっとも新しい共通の祖先から派生するすべての子孫

ってことらしいです。前者の分類方法によると、今回見つかった羽毛で覆われた恐竜は恐竜ではないということになるのでしょうか?

最近は後者の分類によって語られることの方が多いような気がしますね。

それにしても"首長竜は恐竜ではない"というのはちょっと驚きでした。


失職してから引っ越しのアルバイトを始めました。

始めた頃はかなりきつかったのですが、近頃は作業にも慣れ、日によっては「楽だな」と思うことさえあります。


引っ越しのアルバイトと言えば、ほとんどが大学生や高校生なのですが、彼らの多くが携帯電話とウィルコムの2台を持っているのを知って驚きました。

どうやら通話はウィルコム、インターネットは携帯という使い分けをしているらしいです。

実際、契約者数の減少にも歯止めがかかり、最近はウィルコムの契約者数は伸びているみたいです。

ウィルコムPHS、400万契約回復「だれとでも定額」「もう1台無料」がニーズ掴む


月額980円を支払うと、1回あたり10分以内の国内通話が他社携帯や固定電話も含めて全て無料になる「だれとでも定額」オプションが学生に大人気で、会話が10分以上になるときは、一旦切ってかけ直すんだとか。


実は我が家は夫婦揃って10年以上ウィルコムを使っています。

カミさんはPHSだというのが、ちょっと小っ恥ずかしいらしく、過去に何度か携帯電話に換えようかという話もあったのですが、携帯電話は料金プランが複雑過ぎてどれを選んだら良いのか分からないというのと、電話番号が変えたくないという、要するに「面倒臭い」という理由からウィルコムを使い続けてきました。

ところが、この度、この「もう1台無料」キャンペーンというものに乗っかりまして、私の契約を解約。カミさんの契約だけにしました。

なので、私の電話番号は変わってしまったのですが、まあ、変わったら変わったで、別に不便なことはありませんね。

さて、そんなウィルコムですが、今後もますます頑張っていただき、携帯だPHSだなんて気にしなくても良くなって欲しいですね。

まあ、気にしているのは家のカミさんだけかもしれませんけど。


ちなみに・・・

若者はウィルコム(PHS)のことを"コム"と呼びます。

私が"ピッチ"と言ったら「家の両親も"ピッチ"って言ってます」と言われてしまいました。

「両親は何歳?」と聞くと「45歳」との返答。

まさに同じ世代です。。。




先日、とある企業から内定をいただき、就職が決まりました。

実は私、西葛西で営んでいた居酒屋の経営権を5月の中旬に他社に譲渡し、その後失職しておりました。

それから早2ヶ月。40歳を超えた脱サラ人間には厳しい就活でしたが、何とか無事に内定をいただくことができました。

内定をいただくまでの流れは大体こんな感じでした。

1.履歴書と職務経歴書を書く
2.まずは個別の企業に直接アプローチ(各企業のHPから応募)
3.就職支援サイトや転職エージェントに片っ端から登録
4.就職支援サイト登録企業からのスカウトメールが届くので、興味があれば応募
5.転職エージェントから求人の紹介があるので、興味があれば応募
6.就職支援サイトに掲載されている求人を自分で探して、良さそうなものがあれば応募
7.書類審査が通れば、面接。面接は大体2~3回が普通(みたい)

まずは履歴書と職務経歴書を書きます。応募するには絶対に必要なものですし、自分の経歴を客観的に評価することで、応募する企業や職種を探す際の指針となります。

私は個別企業への直接応募から始めましたが、結果的には、これは必要なかったように思います。求人募集している企業は、ほとんどの場合、就職支援サイトやエージェントに登録しています。

エージェント経由での採用となると、募集企業の人材獲得コストは高くなるので(エージェントへの手数料を支払うため)、直接応募の方が有利なのではと考えていたのですが、企業は欲しい人材かどうかで採用を決めます。当たり前ですけど。

ただし、強力なライバルがいて、募集企業がどちらかを選択しなければならないといった場合は、獲得コストが安くなる直接応募者を選択するかもしれません。

エージェントを使う場合のメリットとしては、履歴書や職務経歴書、また面接時のアドバイスなんかももらえます。模擬面接をしてくれたり、給与の交渉をしてくれるエージェントもあるみたいです。

ただし、エージェントのスキルもバラツキが大きいです。

私の場合、30分以上の電話インタビューをしたにもかかわらず、まったく希望しない(と言うよりも経験のない)職種案件ばかりを紹介してくるエージェントがありました。


最終的にはこちらのサイト↓にアカウント登録し、エージェントから紹介された案件で決まりました。

転職なら【人材バンクネット】 - 転職情報満載の転職サイト

転職支援サイトとしては、こちら↓のサイトの検索が使いやすかったです。

転職・求人情報サイトのマイナビ転職

転職は@type - あなたにマッチする求人が分かる、探せる、転職サイト


転職を検討中の方の参考になれば幸いです。

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。