上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴルフを始めたのは今からちょうど8年前。

大学を卒業して10年が経った頃。卒業後は地方に配属になったやつも多かったのですが、その時期、たまたま東京近隣に住んでいるやつが多く、ちょくちょく会う機会が増えました。

30過ぎの男どもが10人も集まるとゴルフくらいしかやることがないってことで、私も何となくゴルフを始めました。

中古のクラブを買って、ゴルフスクールに3日間ほど通い、何度か打ちっ放しに行って早速コースデビュー。

その日、初めてコースをまわるのは私だけで、友人はみなそこそこの腕前。

ゴルフはオヤジのスポーツと高をくくっていた私ですが、一打打っては悠然と歩く友人を横目に、クラブを数本抱えて走り回っておりました。

その日のスコアは忘れもしない123!初めてのコースにしてはかなりの数字とほめられました。事実、これが生涯のベストスコアになりました。

その後、何度かコースには出たのですが、何人かが地方に転勤になると、ゴルフ集会の機会も減り、ここ2~3年は全くやっていませんでした。


そこでこの度、物置の肥やしになっていたゴルフクラブを売却することにしました。

8年も前に中古で、確か3万円くらいで買ったクラブセット(アイアン8本とドライバー2本)だったので、全く期待していませんでしたが、なんとアイアンのセットを9500円で買い取ってくれました。

実はクラブの売却にあたっては、2社に見積もりをお願いしたのですが、2社の価格差がなんと6500円。もう一方の会社は3000円の見積もりでした。

何かを購入、売却するときは、何社かに見積もりをもらうのは大切ですね。

ちなみに、9500円で買い取ってくれたのは、こちらの会社↓。






3000円の見積もりはこちらの会社↓。





まあ、今回はたまたまゴルフエースの見積もりが高かったということだとは思いますが、それにしても6500円の価格差には驚きました。

「アナログ放送終了まであと11日」

7月に入ってからテレビ画面左下にデカデカとアナログ放送終了までのカウントダウンが表示されるようになりました。

すでに地デジ対応済みの方はご存じないかもしれませんが、かなりの大きさで表示されるため、字幕スーパーは見えませんし、そうでなくてもそうとううっとうしいです。

苦情もかなり来ているようですが、まあ、狙ってやっているんでしょうね。

地デジ化へカウントダウン 残り日数字幕に苦情も

かく言う私もいよいよ重い腰を上げて、近所の電気屋に行ってみました。

まずは一番安上がりな外付けのデジタルチューナーを買おうと思ったのですが、今あるVHSビデオデッキには録画できないとのこと。

そうかと言ってテレビを購入してもやはり録画はできない。

デジタルチューナーにハードディスクを接続して録画するという手もあるみたいですが、だったらハードディスクレコーダーを購入した方が良いですよと言われました。

が、そのお店の最安モデルは在庫切れということで、とりあえず、自宅に帰りました。

後日、ブルーレイは必要ないだろうということで、こちら↓のモデルをネットで購入しました。

Panasonic HDD搭載ハイビジョンDVDレコーダー 320GB ブラック 地デジ専用 DMR-XE100-K


それが昨日届きましたので、早速接続してみました。

VHSビデオデッキも残しておきたかったのですが、スペースがないため、それとリプレイスする形で接続しました。

接続はとても簡単でものの数分で終わってしまいました。

そして、DVDレコーダ経由でテレビを見ると、見事、左下のカウントダウンが消えていました!!


我が家はほとんどテレビを見ないので、これでしばらくは大丈夫だと思うのですが、心配なのはDVDがレンタルビデオ屋さんから消えてなくならないかです。

DVDレンタルはちょいちょい利用するので。
7月9日、関東地方が梅雨明けしたらしい。平年よりも12日も早い梅雨明けだとか。

梅雨が明けると、いよいよプールのシーズンですが、先日もお伝えしたとおり、我が家の長男には学校のプールを休ませておりました。

過去日記:学校のプールの放射線量

その後、区のサンプル検査では、測定した全ての場所で放射線が不検出だったという結果を受けて、長男もプールに参加させております。

長男の喜びようはそれは大変なものでした。

学校プールにおける水中の放射性物質の測定結果


すると今度は学校から"外遊びの中止について"という資料が配付されました。

それによると、長男の通う学校の校庭2箇所とプールサイドの放射線測定を区が実施したところ、校庭の放射線量が高かったため、外遊びを中止するとのこと。

長男の通う学校の校庭は芝生になっておりますが、土よりも芝生の方が風の影響を受け難く、放射性物質が残りやすいんだとか。

区のホームページに測定を実施した全ての学校の結果が公開されておりますが、確かに他の学校に比べても数値が高く出ています。

区内の空間放射線量測定結果


近々、再測定の結果が公開される予定ですが、なんとも放射性物質というものはやっかいなものであります。
今日は長男の通う小学校のプール開き。

東京は快晴、気温も30度を超え、絶好のプール日和となりました。

が、カミさんとも話し合い、長男はプールには入れさせないようにしました。

先日も書いたとおり、放射線が気になったためです。

過去記事:学校のプール授業こそ止めるべき

息子はプールをとても楽しみにしており、今朝、カミさんからプールは見学するように言われて泣いていました。

可哀相な気がしますが、安全基準もはっきりしない、調査もされていないという現状ではやはり不安です。



ここ数日でプールの安全性を問う記事も一気に増えたように思います。

先日「小学校 プール 放射線」で検索したときは、千葉県の白子町が学校の放射線量を測定するという記事が目にとまったくらいでしたが、今日、同じキーワードで検索すると関東~東北の様々な自治体で同様の検査を行ったという記事がたくさんヒットしました。

幸いまだどこのプールからも放射線が検出されたという記事は見当たりませんでしたが、プールに落ちた放射性物質は風で飛ばされることもなく溜まる一方なので、今が良くても夏になったらどうなっているかわからない。

今夏は調査を継続的に繰り返すと言っている自治体もありますが、とりあえず結果を発表したというところも多いです。


ちなみに、私の住む東京都江東区はまだこれからのようです。

江東区、学校など516カ所で放射線量測定へ


これ↑は今日の日経新聞の記事ですが、これから区がプールの放射線量を調べようとしている最中にプール開きをするというのはどういうことなんだろうか?

これから調査をするのでプールの授業は見送るようにとどうして言えないのか?

縦割り行政の弊害というやつなのか?

こういう一貫性のない、ちぐはぐな対応が保護者(国民)を不安にさせるのだが。
長男の通う小学校で放射線量の測定が行われたそうです。

と言っても、学校や自治体が行った測定ではなく、どこかの親御さんが自主的に行ったものみたいです。

そう言えば、先日もテレビの報道で放射線測定器専門のレンタル会社から1日あたり1万円以上もする測定器を借りている方が紹介されていました。

今回測定してくださった方もそういうものを借りたのか、業者さんに頼んだのか、もしくは購入されたのかもしれません。実際にアマゾンでも放射線測定器がこんなに売られていてびっくりしました。

Amazonでの放射線測定器の検索結果


息子の通う学校は校庭が芝生なのですが、ここが最も放射線量が多かったとか。

舗装された場所よりも、土の上の方が放射性物質が体積しやすく、放射線量が多くなると言いますから、この結果には納得。土の上よりも芝生の方がさらに体積しやすいような気がします。

そうなると、さらに恐ろしいのがプール。いくら土の上が体積しやすいと言っても、かなりの量は風で飛ばされたりすると思いますが、プールの場合は溜まる一方ですから。

ただ、今のところプールの授業を自粛するって話は聞かないですね。こんな記事はありました↓。

プールの放射性物質を検査 朝霞市、全小中学校で

"清掃を終えて新しい水を入れたプールの放射性ヨウ素と放射性セシウムの濃度を測定"ってのが意味あるのかどうか・・・。それって単に水道水の測定しているのと変わらんのでは?


海水浴場の放射線量基準値もまだ決まっていないと言うし、海と違ってプールの水は時間が経つについれて放射線濃度は上がっていくと思うので、今年は学校でのプールは自粛すべきだと思いますね。自粛というよりも、国や自治体で止めさせるべきだと思います。

環境省 海水浴場の放射線量基準値を6月下旬に決定-水道水規制値よりも厳しくする方針

↑この水道水の規制よりも厳しくする理由が、"海水を飲むことによる内部被ばくを防ぐため"ってのがまたよく分からんです。水道水は飲むものじゃないのか?

こういうことを言う方も言う方ですが、そのまま記事にしてしまう感性もちょっとどうかと思いますね。






CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。