上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月に入り衣替えの季節になりました。

以前、今年は"超CoolBiz"が流行ると予言しておりましたが、見事に的中してしまいました。

過去記事:電力不足の今夏に売れるものとは?

ただ、一気に甚平、作務衣、ステテコとまではいかず、今年はポロシャツやアロハシャツ止まりみたいです。

環境省:来月からスーパークールビズ アロハもOK

私が時代を先取りしすぎたのか、周りの危機感が足りないのか、絶対に和装の方が涼しいと思うんですけどね。
日本の夏はとにかく蒸し暑い。夏に訪れた海外の国は数知れませんが、日本ほど蒸し暑い国には行ったことがありません。そんな日本の夏を過ごすには絶対に和装が良いに決まっているのです。

まあ、いつか私の考えが受け入れられる日が来るでしょう。

この記事を読んでいてちょっと面白いなと思ったのは、"スーパークールビズではポロシャツ、アロハシャツ、スニーカーやサンダルを認める。Tシャツとジーンズも着用可能だが、Tシャツは執務室内に限り可で「無 地か柄が派手でないもの」、ジーンズは「破れてだらしないものは除く」とした。ビーチサンダル、短パン、ランニングシャツは認めない。"(引用)と環境省が言っているところ。

それって各職場が決めることなのでは?ひょっとすると"クールビズ(COOLBIZ)"って環境省が商標を持っているのか?と思い調べてみると、環境省のウェブサイトに次のような記載がありました。

“COOL BIZ”の 使用について

=====引用分=====
《クール ビズの狙い》
2005年春、環境省は、地球温暖化対策の一環として、夏のオフィスの冷房温度を28度としても涼しく快適に格好良く働けるビジネススタイルの一般的な愛称を公募しました。審査委員による選考の結果、選ばれた愛称が“COOL BIZ(クール ビズ)”です。

《クール ビズの使い方》
“クール ビズ”は、 “省エネファッション”といった言葉と同様、夏のオフィスの冷房温度を28℃としても快適に格好良く過ごせるビジネススタイル全般の一般的な愛称として広く使われることを意図しています。
特定の性能や製品を示すものではなく、特定の商品名やブランド名として使用することはできません。類似した言葉で商標登録をしている企業もありますので、使用方法、表現については使用される方の責任で、十分に御注意ください。誤った使用に関するクレーム等には、環境省及びチームマイナス6%運営事務局は一切責任を負いかねます。
=====ここまで=====

商標ではなく、環境省が一般公募から選んだ"愛称"なんですね。
環境対策の一環として、環境省が推進する施策だから、"認める"とか"認めない"といった表現になるわけです。

同じく、環境省のサイトにスーパークールビズの情報がありますので、気になる方はどうぞ。

「スーパークールビズ(SUPERCOOLBIZ)」について

直接のきっかけは震災による電力不足なんでしょうが、鳩山さんがぶち上げた"2020年までに1990年比で温室効果ガスを25%削減する"ってのも背景にはあるみたです。

「あの話はどうなったんだろう?」と思っていましたが、さすがに一国の首長が国際会議の場で発言したことだけに、何もしていないわけではなかったのですね。

<その他関連記事>
「涼しく、だらしなくない」 ユニクロ版スーパークールビズ提案
ポロシャツ×チノパン…知事がクールビズの手本
NEXT Entry
ヤフオクに初出品しました
NEW Topics
「鬼のように」という言葉は私が創始者です
帰宅難民
オーズ最終回で響鬼越え、そしてフォーゼ来た~
上手なマイルの貯め方
海外出張で役に立つもの
Entry TAG
スーパークールビズ   COOLBIZ   ポロシャツ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。