上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数年前から自転車通勤ってのがサラリーマンの間で流行ってますよね。


勤務地と自宅の距離にもよるでしょうが、満員電車に乗る必要がなかったり、そもそも電車通勤よりも早かったり、その上健康にも良いし、お金も使わない、環境にも良いってことで、自転車通勤をするサラリーマンが増えたって話は良く聞きました。

実際、私も以前は自転車通勤をしていましたが、本当に多くのサラリーマンが自転車通勤をしているんだなと感じていました。

ただし、自転車通勤を始めて気がついたことなのですが、日本は自転車のについては全く考慮されない町造りになってしまっているってことです。


私は東京の江東区に住んでいるのですが、歩道は狭いし、車道は駐車車両も多くてやっぱり走り難い。毎日通勤をするうちに段々慣れてはいきましたが、自転車通勤を始めたばかりの頃は本当に走りづらいなと感じていました。

一方、一部には車道と歩道の間に自転車専用レーンがあるところもあり、少しずつですが、自転車のことも考えた町の設計ってのも進みつつあるのかもしれません。

今回の震災で公共の交通手段が使えなくなったり、ガソリンが手に入らなくなったりしたことで、ますます移動手段としての自転車が注目されそう。

地球環境のこともあるし、これからは自転車を利用しやすい町づくりってのは必須ではないでしょうか。

NEXT Entry
今年は本当に花粉が多い?
NEW Topics
「鬼のように」という言葉は私が創始者です
帰宅難民
オーズ最終回で響鬼越え、そしてフォーゼ来た~
上手なマイルの貯め方
海外出張で役に立つもの
Entry TAG
自転車通勤   震災   エコ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。