上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、とある企業から内定をいただき、就職が決まりました。

実は私、西葛西で営んでいた居酒屋の経営権を5月の中旬に他社に譲渡し、その後失職しておりました。

それから早2ヶ月。40歳を超えた脱サラ人間には厳しい就活でしたが、何とか無事に内定をいただくことができました。

内定をいただくまでの流れは大体こんな感じでした。

1.履歴書と職務経歴書を書く
2.まずは個別の企業に直接アプローチ(各企業のHPから応募)
3.就職支援サイトや転職エージェントに片っ端から登録
4.就職支援サイト登録企業からのスカウトメールが届くので、興味があれば応募
5.転職エージェントから求人の紹介があるので、興味があれば応募
6.就職支援サイトに掲載されている求人を自分で探して、良さそうなものがあれば応募
7.書類審査が通れば、面接。面接は大体2~3回が普通(みたい)

まずは履歴書と職務経歴書を書きます。応募するには絶対に必要なものですし、自分の経歴を客観的に評価することで、応募する企業や職種を探す際の指針となります。

私は個別企業への直接応募から始めましたが、結果的には、これは必要なかったように思います。求人募集している企業は、ほとんどの場合、就職支援サイトやエージェントに登録しています。

エージェント経由での採用となると、募集企業の人材獲得コストは高くなるので(エージェントへの手数料を支払うため)、直接応募の方が有利なのではと考えていたのですが、企業は欲しい人材かどうかで採用を決めます。当たり前ですけど。

ただし、強力なライバルがいて、募集企業がどちらかを選択しなければならないといった場合は、獲得コストが安くなる直接応募者を選択するかもしれません。

エージェントを使う場合のメリットとしては、履歴書や職務経歴書、また面接時のアドバイスなんかももらえます。模擬面接をしてくれたり、給与の交渉をしてくれるエージェントもあるみたいです。

ただし、エージェントのスキルもバラツキが大きいです。

私の場合、30分以上の電話インタビューをしたにもかかわらず、まったく希望しない(と言うよりも経験のない)職種案件ばかりを紹介してくるエージェントがありました。


最終的にはこちらのサイト↓にアカウント登録し、エージェントから紹介された案件で決まりました。

転職なら【人材バンクネット】 - 転職情報満載の転職サイト

転職支援サイトとしては、こちら↓のサイトの検索が使いやすかったです。

転職・求人情報サイトのマイナビ転職

転職は@type - あなたにマッチする求人が分かる、探せる、転職サイト


転職を検討中の方の参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。