上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スマートフォンiPhoneが利用者の知らないうちにデータ通信を行い、その結果、必要以上の料金が発生していたらしい。

iPhone:知らぬ間に通信料 ソフトバンク行政指導

総務省とソフトバンクが行った検証では、購入したままの状態で放置しておいたにも関わらず、定額プランの上限金額に達してしまうほどのデータ通信が行われていたというから恐ろしいです。

人気のiPhoneに思わぬ落とし穴といったところですね。


でも、私が気になったのは、データ通信のことではなくて、この"アイフォーン"という表記。

「なんだこの間抜けな表記は?」

っていうことで、調べてみましたら、"アイフォーン"はiPhoneの日本での商標名なんだとか。

なんでも、インターホン最大手アイホンとアップル社が協議した結果だそです。でも何で"アイフォン"じゃなくて"アイフォーン"なんでしょうか?"アイホン"がダメなら"アイフォン"になりそうなもんですけどね。"アイフォン"だと"アイホン"と混同の恐れがあるということだったんでしょうか?それにしても間抜けな表記です。


で、ついでなので、以前から気になっていた"メーン"についてもググってみました。新聞等で"メイン"を"メーン"て表記するあれ。メーンイベントとかメーンキャスターとかメーンバンクとかのメーン。これも以前から間抜けだなあと思っていたんです。

"メーン メイン 表記"ってキーワードでググってみるとかなりヒットしました。やはり皆さん気になっているんですね。

Yhoo知恵袋でこの回答者↓が結構しっかり答えてくれていましたのでご参考に。

なぜニュース記事は【メーン】? 二重母音【メイン】じゃなくて?

"メイン"を"メーン"と表記するのは、結局のところ慣例というこということか?

この表記に違和感を覚える人が多いのは、実際にはメインと発音する人が多いからなんでしょうね。この回答の中にも出てくる"メイル"。確かに私もこういう表記をする人を見たことがありますが、これは"メール"と発音する人が多いから逆に"メイル"と書かれると違和感がある。というか、日本人同士の会話で"メイル"と発音する人は見たことありません。

まあ、こういう表記をする人は実際に英語が話せる人なのかもしれませんが、英語かぶれって感じがしますね。


表記に違和感を覚えるのは、発音と表記が乖離している場合ですから、古くからある外来語は慣例にならうとして、新しく入ってきた外来語については、日本人の発音に近い表記にするってことで良いと思います。

どう頑張ったところでカタカナで英語(に限らず外国語)の発音を正しく表記なんてできないんですから。

mailを"メイル"とは発音しませんよ。ネイティブは。
スポンサーサイト

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。