上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットを見ていたら気になる表記がでてきた。

「マクナル」

記事の文脈からマクドナルドのことだとすぐに気がつきましたが、そもそもこの表記はなんなんだ?
マクドナルドと言えば、"マック"か"マクド"でしょうと思い、調べてみるとこんな記事↓が。

マクドナルドの呼び方に変化 「マクナル」と呼ぶ人が増加中

私が名古屋にいた、高校生の頃は"マクド"と言っていました。"マック"が主流派だったかもしれませんが、"マクド"という響きが面白くって使い出したような気がします。

中学生の頃までは何て言っていたのか記憶にありません。



話は突然変わりますが、"鬼のように"という言葉は私が作った言葉です。

何人かにこの話をしたことがありますが、誰にも信じてもらえませんでした。

今回、改めてネットで検索してみると、やはりと思わせる記事がありましたのでご紹介します。

鬼のような~

注目していただきたいのはベストアンサーにも選ばれているNo.1の方の解答。「およそ20年前くらいに
急に使われ出した用法です」
というところ。

この20年前というのは私がちょうど東京に出てきた頃です。

当時、"すごい"という修飾語にあたる言葉、今ではすっかり定着した"超"何々という言い方をみんなしていました。

この"超"何々という表現も流行りだして間がなかったのでは?と推測します。今ではテレビでもよく聞きますが、名古屋にいた頃は聞いたことがなかったので。

今でも使うことはありませんが、この"超"という言葉、当時の私はどうしても馴染むことができませんでした。かといって河村たかしでもあるまいし、東京で"どら"を使い続けるのもちょっと気が引ける。

そこで"どら"に代わる言葉として考え出したのが"鬼のように"だったのです。

普通に"すげえ"とかで良かったのでは?との意見には反論の余地もありませんが、とにかく、"鬼のように"という表現を頻繁に使い出しました。

私は、千葉県の野田市にある大学に通っていたのですが、これがまず同級生に受け入れられました。

その同級生の一人が、埼玉県の春日部だか越谷だかで学習塾の講師のアルバイトをしており、生徒の前でこの"鬼のように"を使ったところ、非常に受けたんだとか。

それから生徒の間でも普通に使われるようになり、そのうち関東そして全国に広がっていったと思われます。


最近ではあまり使われなくなりましたが、言葉というものは常に変化していくものなのですね。


さてさて"マクナル"なる新語、どこまで広がっていくのか、楽しみです。



スポンサーサイト
仮面ライダー オーズの最終回、良かったです。

オーズは響鬼に並ぶ、お気に入りライダーでしたが、最終回の出来の差で、オーズは響鬼を越えたかもしれません。

私の仮面ライダー評価はこちら

その前の週までに話の大筋は終わらせてしまい、最終回はしっぽり締めるというのは、仮面ライダーに限らず、最終回にはよくあるパターン。響鬼の最終回もこのパターンでしたが、オーズは最後までしっかりと楽しませてくれました。そして泣かせてくれました。

後半はアンクの活躍が本当に素晴らしかった。映司とのバランスが絶妙で、これこそ二人で一人の仮面ライダーといった感じでしたね。

Wは何だかんだ言っても翔太朗が主役で、フィリップはサブキャラ(失礼!)でしたが、オーズにおけるアンクは映司と完全に同等。後半は映司を超える存在感でした。

47話と48話(最終回)は既に5~6回はビデオで見ましたが、これからもしばらく飽きずに繰り返し見てしまいそうです。

仮面ライダー オーズ 最終話



そして、先週から始まった新仮面ライダー フォーゼ!

まだ、評価を下すのは早いですが、第二話までの感想は・・・、悪くないです。

W、オーズと良作が続いていますが、フォーゼも大いに期待できそうです。

仮面ライダー フォーゼ


兵庫県で二足歩行で羽毛の生えた小型恐竜の化石が見つかったそうです。

同類の骨格化石は福井県で発見されたものに次いで国内2例目。つまりとても珍しいことみたいです。

二足歩行の羽毛恐竜の化石発見 兵庫の地層「篠山層群」

以前は恐竜=巨大な爬虫類みたいなイメージでしたが、実は鳥のように羽毛で覆われていたとか、私が子供の頃とは随分と違う姿で描かれることが多くなりました。

実際、今回発見された恐竜も"前脚を伸ばすと長さ約25センチになるとみられ、体長約1メートルと推定"されるらしいです。確かに鳥にしては大きい気もしますが、恐竜と呼ぶのも何だか変な気がします。

そこで、「最小の恐竜ってどのくらいのサイズなのか?」と思って、検索してみると、北米で発見された"フリタデンス・ハーガロルム"という恐竜が体長が"尾の先まで含めてわずか70センチ、体重は1キロにも満たない"らしい。

北米で最小の恐竜、極小チワワ並み

サイズは極小ながらも、この"フリタデンス・ハーガロルム"の復元模型は、従来の恐竜=爬虫類のイメージに合致します。

そこで、今度は「そもそも恐竜の定義って何なの?」と思い、さらに調べてみました。

ところで、恐竜ってそもそも何?

定義の仕方にもいろいろな方法があるのでしょうね。現在、恐竜の一般的な定義としては、

・直立歩行をする爬虫類
もしくは、
・トリケラトプスと現生鳥類のもっとも新しい共通の祖先から派生するすべての子孫

ってことらしいです。前者の分類方法によると、今回見つかった羽毛で覆われた恐竜は恐竜ではないということになるのでしょうか?

最近は後者の分類によって語られることの方が多いような気がしますね。

それにしても"首長竜は恐竜ではない"というのはちょっと驚きでした。


奨学米というのをご存じでしょうか?無洗米ではなくて奨学米。

農家がお金の代わりにお米を提供し、食生活の面から学生を支援する仕組みだそうです。

お米を無償で提供してもらうために、学生は年に3~4回、農家に行ってお手伝いをするんだとか。

初めこの話を聞いた時は、「最近暗い話題が多い中、いい話だなぁ」くらいにしか思わなかったのですが、奨学米のサイトを見ていて、これは深いと思わず唸ってしまいました。

そのサイトがこちら↓

~奨学”金”を”お米”に置き換えて、農家が学生を食生活の面でサポートする~


これって長い目で見た販売戦略、マーケティングの話なんですね。

農家は無償でお米を提供することで労働力を得る。まあ、これはおまけみたいなものだと思うのですが、ここでしっかりとした人間関係ができれば、学生は社会人になってからもその農家から米を買い続けるという訳です。

また、自分が実際に体験したことだから、人にも勧めやすく、さらにネットワークが広がる可能性もある。

最近 "フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略"て本が話題になりましたが、まさにこれですね。それを農業で実践してしまうところがスゴイなぁと思いました。



いきなり商売の話になってしまって、ゲンナリする方もいらっしゃるかもしれませんが、学生さんにとってすごく良いことであることに間違いはないですよね。

農業体験ができて、農家の方とコミュニケーションがとれて、その上お米までもらえて。


この奨学米の仕組みはすごく興味深いです。日本の農業を救うってのは大袈裟かもしれませんが、今後の展開がとても楽しみです。
沖縄が早くも梅雨明けだそうです。しかも1951年の統計開始以来、最も早い梅雨明けだとか。

沖縄地方 梅雨明け

沖縄の梅雨明けというと、本州よりも1ヶ月ほど早い、6月20日以降というのが私のイメージ。今年の梅雨明けは平年より14日早いというから、私の記憶ともばっちり一致しますね。

このブログを読んでくださっている方は薄々気がついていらっしゃると思いますが、実は私、旅行が大好きでありまして、以前はよく梅雨明け直後に沖縄を訪れていました。

なぜかって、我が家の長男が7月3日生まれなので、航空会社のバースデー割引が使えたからです。家族3人、往復で6万円!まぁ、今にして思えば贅沢な生活でした・・・。その後、バースデー割引のサービスが無くなるとともに、この時期に行くことも無くなりましたが、沖縄には年に1度は必ず訪れておりました。

話は梅雨に戻って、

今年は東京の梅雨明けも早くなるかもしれないって話。同じ日本の中での話ですからね。沖縄の梅雨明けが早ければ、東京の梅雨明けも早まるってのは、気象に詳しくない私にとってはいたって自然。

で、なんでもかんでも、震災に結びつけるのもどうかと思いますが、そうなるとやはり電力不足が心配になります。

夏場の電力需要が跳ね上がる原因であるエアコン。節電のためにエアコンの利用を抑えることで、熱中症が増加するのではないかと心配されています。

「節電で熱中症」ご注意 専門家、注意呼びかけ

そんな中、日本生気象学会が熱中症の対策方法をウェブサイトで公開しております。

こまめに水分を摂る、オフィスでは軽装、室内では肌を露出、戸外では逆に露出を控える、冷却グッズを使う、部屋の風通しを良くする等々・・様々な熱中症対策が紹介されておりますが、面白いのは暑さに強い体質を作りましょうというところ。

節電下の熱中症予防のための緊急提言

やや暑いくらいの環境で、ややきついと感じる運動を1日30分間、週3回行うと、4週間程度で暑さに強い体になるんだとか。

へぇ、なるほど・・これならまだ間に合いますね!って・・・。これを実行できる人間ってどのくらいいるの?日常的に運動している人は別にして、週3回の運動って実行するのはかなり厳しい条件です。しかも「やや暑いくらいの環境」って・・。


なるべく涼しい格好で、こまめに水分摂取。やはりこれが一番です。

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。