上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットを見ていたら気になる表記がでてきた。

「マクナル」

記事の文脈からマクドナルドのことだとすぐに気がつきましたが、そもそもこの表記はなんなんだ?
マクドナルドと言えば、"マック"か"マクド"でしょうと思い、調べてみるとこんな記事↓が。

マクドナルドの呼び方に変化 「マクナル」と呼ぶ人が増加中

私が名古屋にいた、高校生の頃は"マクド"と言っていました。"マック"が主流派だったかもしれませんが、"マクド"という響きが面白くって使い出したような気がします。

中学生の頃までは何て言っていたのか記憶にありません。



話は突然変わりますが、"鬼のように"という言葉は私が作った言葉です。

何人かにこの話をしたことがありますが、誰にも信じてもらえませんでした。

今回、改めてネットで検索してみると、やはりと思わせる記事がありましたのでご紹介します。

鬼のような~

注目していただきたいのはベストアンサーにも選ばれているNo.1の方の解答。「およそ20年前くらいに
急に使われ出した用法です」
というところ。

この20年前というのは私がちょうど東京に出てきた頃です。

当時、"すごい"という修飾語にあたる言葉、今ではすっかり定着した"超"何々という言い方をみんなしていました。

この"超"何々という表現も流行りだして間がなかったのでは?と推測します。今ではテレビでもよく聞きますが、名古屋にいた頃は聞いたことがなかったので。

今でも使うことはありませんが、この"超"という言葉、当時の私はどうしても馴染むことができませんでした。かといって河村たかしでもあるまいし、東京で"どら"を使い続けるのもちょっと気が引ける。

そこで"どら"に代わる言葉として考え出したのが"鬼のように"だったのです。

普通に"すげえ"とかで良かったのでは?との意見には反論の余地もありませんが、とにかく、"鬼のように"という表現を頻繁に使い出しました。

私は、千葉県の野田市にある大学に通っていたのですが、これがまず同級生に受け入れられました。

その同級生の一人が、埼玉県の春日部だか越谷だかで学習塾の講師のアルバイトをしており、生徒の前でこの"鬼のように"を使ったところ、非常に受けたんだとか。

それから生徒の間でも普通に使われるようになり、そのうち関東そして全国に広がっていったと思われます。


最近ではあまり使われなくなりましたが、言葉というものは常に変化していくものなのですね。


さてさて"マクナル"なる新語、どこまで広がっていくのか、楽しみです。



スポンサーサイト
台風15号はすごかったですね。

私の実家の名古屋の被害もすごかったですが、東京が台風でこんなに荒れたのも近年ちょっと記憶にないです。

21日の水曜日は東京ビックサイトにいました。

私の会社が出展する展示会が開催されており、その最終日でした。

16時に閉会し、それから撤収作業を始めました。

しばらくすると場内アナウンスが流れ「ゆりかもめもりんかい線も運行している」とのこと。

さらにしばらくするとどちらも運休しているというアナウンスが流れたため、気になって外を見に行ってみると、ものすごい荒れ模様でした。

「こりゃ一歩も出られんな」と撤収作業に没頭しておりました。

19時をまわったあたりで作業も一段落、そのうちりんかい線もゆりかもめも運行を再開しているという噂が流れてきまして、外を見に行くと雨も止んでいたため、20時くらいにビックサイトを後にしました。

りんかい線はダイヤが大幅に遅れておりましたが、ホームに電車が来ており、それに乗るとすぐに電車は動き出しました。

新木場に着き、りんかい線の改札を出るとJRと有楽町線の改札前に人がごったがえしておりました。

偶然知人に会ったので、様子を聞いたところ、JRも有楽町線も止まっており、彼は2時間以上もJRが動き出すのを待っているとのこと。

「う~ん、まさかこんな状況になっていようとは・・・」

タクシーはすごく並んでいるし、まだちょっと距離もある。

自宅近くまで行くバスは19時30分で既に終バス。

仕方がないので、少しバスで北上し、そこでタクシーを拾おうとバス停に並んでおりましたところ、なぜか有楽町線のホームに電車が入って来るのが見えました。

新木場は地下鉄の駅なのですが、地上にあるため、バス停から見えたんです。人の姿も見えます。

どうやら運行を再開したようで、すぐに地下鉄の駅に戻りました。

その後、2路線乗り継いで自宅の最寄り駅まで帰りました。

電車内は朝のラッシュ以上に混雑しておりましたが、まあ、駅で長時間待たされることもなく、雨に濡れることもなく帰ることができてラッキーでした。


実家の方とは連絡が取れていませんが、まあ、近所の友人宅も無事だったとのことなので、無事だったんでしょう。

便りのないのは元気な証拠とも言いますし。

とにかく、良かったです。
仮面ライダー オーズの最終回、良かったです。

オーズは響鬼に並ぶ、お気に入りライダーでしたが、最終回の出来の差で、オーズは響鬼を越えたかもしれません。

私の仮面ライダー評価はこちら

その前の週までに話の大筋は終わらせてしまい、最終回はしっぽり締めるというのは、仮面ライダーに限らず、最終回にはよくあるパターン。響鬼の最終回もこのパターンでしたが、オーズは最後までしっかりと楽しませてくれました。そして泣かせてくれました。

後半はアンクの活躍が本当に素晴らしかった。映司とのバランスが絶妙で、これこそ二人で一人の仮面ライダーといった感じでしたね。

Wは何だかんだ言っても翔太朗が主役で、フィリップはサブキャラ(失礼!)でしたが、オーズにおけるアンクは映司と完全に同等。後半は映司を超える存在感でした。

47話と48話(最終回)は既に5~6回はビデオで見ましたが、これからもしばらく飽きずに繰り返し見てしまいそうです。

仮面ライダー オーズ 最終話



そして、先週から始まった新仮面ライダー フォーゼ!

まだ、評価を下すのは早いですが、第二話までの感想は・・・、悪くないです。

W、オーズと良作が続いていますが、フォーゼも大いに期待できそうです。

仮面ライダー フォーゼ


出張から帰ってきました。

今回は会社が手配してくれたANA便で行ってきましたので、何となくANAのマイレージサービスにマイルを入れておきました。

私が入っているマイレージサービスは4つ。

・コンチネンタル航空のワンパス
・デルタ航空(旧ノースウェスト航空)のスカイマイル
・全日空のANAマイレージクラブ
・日本航空のJALマイレージバンク

この組み合わせに意味はありません。

もともとは新婚旅行にコンチネンタルを使ったのをきっかけにワンパスに入会しました。ワンパスは平成11年当時から有効期限の設定がなかったので、頻繁に飛行機に乗る機会がない私にはよいサービスかなと思って入会しました。

入会と同時にワンパス提携のクレジットカードを作り、以来マイルをせっせと貯めております。こういうのを陸マイラーというらしい。

さて、すでにかなり古い話になるのですが、コンチネンタル航空は数年前にユナイテッド航空と合併し、スターアライアンスという航空会社連合に仲間入りしました。

全日空もスターアライアンスに加盟しておりますので、今回のマイルも実はコンチネンタル航空のワンパスに加算できたと知りがっかり。もったいないことをしました。

しかも、一昨年の12月、ANA便で沖縄に行った際、マイル加算申請をしたらパッケージツアーでの利用という理由で申請を却下されたのですが、ワンパスだったら加算できたようで、またまたがっぱり。すごいぞワンパス!

それに引き替え、国内航空会社のサービスはしょぼい。

今だにマイル発生日から3年で期限切れだなんて。しかもその間にさらにマイル加算があっても、期限の延長はなく、3年後には消失するというから驚きです。

じっくり、たっぷり貯められる?ANAマイレージクラブの有効期限

こんなの出張で頻繁に飛行機に乗るサラリーマンじゃないと貯められないと思うんですけど。

という訳で、今回はもったいないことをしました。クレジットカード以外にもマイルを貯める方法はいろいろあるようなので、これからもせっせとマイルを貯め込みたいと思います。


ところで、今回、マイレージサービスについて調べていて嬉しい発見がありました。

デルタ航空のスカイマイルのマイレージが27500マイル貯まっており、これが今年の10月末で有効期限を迎えるところで、半ば利用を諦めていたのですが、スカイマイルの有効期限が無くなったとのことです。

デルタ航空、スカイマイルのマイル有効期限を廃止


27500マイルというと、グアムまでの往復の特典航空券が得られるほどのマイル数ですから嬉しいですね。



海外出張1週目が終わりました。

今日は土曜日、初めての休日です。

出張前に慌ててiPodを購入し、張り切って英語のコンテンツをたくさん入れてきましたが、朝から晩まで英語漬けの毎日を過ごしているので、加えてiPodで英語を聞こうなんて気には全くなれず、iPodが活躍することはほとんどありません。

また、海外だと食べ過ぎになる傾向がありますし、間違いなく運動不足にもなりますので、腹筋ローラー(↓こんなやつ)を持って来ましたが、ホテルに戻ってくるとクタクタで、やはりやる気になれず、全く出番がありません。

Amazonでの"腹筋ローラー"検索結果

持ってきて役に立っているものと言えば、冬物の上着。

実は私が来ているのは、南国"シンガポール"なのですが、どこもかしこもクーラーが効きすぎており、この冬物の上着が欠かせません。

会社の先輩に薦められて持ってきたのですが、本当に助かりました。

私は海外に出かける時も荷造りにはあまり神経を使いません。無いものは現地で調達すれば良いと考えているので。

ただ、常夏のシンガポールで冬物のコートは売っていないでしょうから、日本から持って行って本当に良かったです。

そうは言っても、やはり外は暑く、上着を着るのはオフィスとタクシーの中くらい。

プライベートでリゾートに来るのなら、軽く羽織る長袖のシャツくらいで十分かもしれません。

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。